顔のシミをとる方法|あなたのシミタイプはなに?

顔のシミの種類とケア方法

 

ニキビ跡

老人性色素斑

肝斑

炎症が強く、ニキビが跡になって残ってしまったもの。ニキビ跡は放置してしまうと、紫外線などの影響でどんどん濃くなってしまいます。ビタミンCを中心としたケアが有効

 

<<ニキビ跡を治すケア>>

一般的に顔のシミといれるものがこの老人性色素斑。別名、日光性黒子と呼ばれ、紫外線の影響でできてしまうもの。徐々に濃くなってくるのが特徴。肌のターンオーバー改善とハイドロキノンが有効。

<<色素斑を治すケア>>

肝臓斑は、紫外線などの影響ではなく、女性ホルモンバランスが崩れてしまうことでできる。レザーでの治療はできない。ビタミンC・ハイドロキノンの他皮膚科での内服薬がとても有効

<<肝斑を治すケア>>

シミタイプによって、ケア方法は異なる

一般的にシミ言われるものは、茶色っぽく見えるもの全般をそう呼んでいませんか?
シミには、大きく6種類のシミタイプがあります。
『老人性色素斑』『脂漏性角化症』『そばかす』『炎症性色素斑』『肝斑』『花弁状色素斑』です。
この中でも美白成分が有効なものと効かないものあります。
また、シミのタイプによって有効な成分、ケア方法も異なります。

 

美白成分が効くシミ!効かないシミ!

美白成分が効くシミ

美白成分が効かないシミ

  • 老人性色素斑(一般的なシミ)
  • 炎症性色素斑(ニキビ跡など)
  • 肝斑
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素斑
  • 雀卵斑(そばかす)

脂漏性角化症は、シミからイボのように盛り上がってしまうものですが、皮膚の形態そのものが変化してしまっているため美白成分では改善できません。
花弁状色素斑は、急激な日焼けによってできてしまうシミです。肩から背中にかけてできるシミで、よく見ると花びらのような形をしています。美白成分では治りません。
雀卵斑は、両方に当てはまるのですが、理論上美白成分が有効ですが、遺伝的な部分が強いため消えないこともあります。

美白成分はあまり効かないですが、レーザー治療で治すことができます。
レザー治療と聞くと、『値段が高い』『怖い』など連想しがちですが、とてもリーズナブルな値段でまた安心して施術できる時代です。
ほとんどのクリニックで無料カウンセリングがあるのでまずはご相談にいくといいでしょう。

 

⇒クリニック別に見る特徴と値段を比較

 

顔のシミをとる方法を悩み別でご紹介しています。メラニン色素沈着なのか炎症性のニキビ跡や傷跡によるシミなのか?または肝斑なのかによってその顔のシミをとる方法は異なります。というもの、顔のシミのタイプによって有効な美白成分が異なるからです。顔のシミをとるには、まずそのシミのタイプをしっかり認識する必要があります。そして、そのシミタイプに合わせたもっとも効果的な美白成分で治すことが効果を発揮します。美白ケアで一番大切なのは紫外線対策を徹底することです。今できているシミのほとんどの原因が紫外線による積み重ねがそのシミを表面化させています。もちろんできてしまったシミを消す美白成分もあります。それがハイドロキノンです。化粧品で言うと、アンプルール、ビーグレンなどが効果が高いと人気です。このサイトでは、あなたのシミタイプからもっとも効果が高い美白成分を含む化粧品を提案していきますので参考にしてください。