サイクルプラスの効果|2剤式のローション

サイクルプラス

「化粧品の効果が感じられない!」
女性の多くは化粧品を使用してもし効果が無ければ次の化粧品へと移る人は多いと思います。そんな女性の皆さんに少し変わった化粧品を紹介します。それが「サイクルプラス」と言う商品です。

 

ではどのポイントが少し変わっているのでしょうか?今回は効果と特徴も含めて紹介します。

 

サイクルプラスは化粧品では珍しい2剤式を採用

サイクルプラス

皆さんは2剤式を知っていますか?
例えばA容器とB薬剤の2つの商品に分かれているとします。そして使用する直前になりましたらAの容器にBの薬剤を入れることです。サイクルプラスのエンリッチローションではこの方法が採用されているのです。

 

メリットは一番効果のある状態で使用できることです。
化粧水は日光や温度変化によって中の成分が消滅することがあります。特にお肌に良いとされるビタミンCは弱く気づいた時にはなくなっていると言う事はよくあります。
しかし、この方法を利用することによって中に入っている成分を消滅させることなく、十分に使用することができます。

 

デメリットを挙げるとすれば、防腐剤等は入っていませんので使用期限が限られることです。とは言え、1ヶ月以内では使い切ると思いますので特にデメリットとは言えないかもしれません。

 

高浸透型ビタミンC誘導体が配合されています。

先ほども紹介したように、お肌に良いビタミンCは非常に不安定でデリケートです。
日光・温度もそうですが、肌へ浸透した際も内部まで行けず途中で酸化して終了になることも多々あります。

 

しかしサイクルプラスに含まれているビタミンCは違います。
高浸透型ビタミンC誘導体と言う成分が含まれているのです!
この成分は一般的なビタミンCと比較して肌への浸透力が100倍に向上し、お肌の深部までビタミンCを届けることができます。そのため、今までの化粧水で効果が無かったシミ・そばかす・くすみ・乾燥肌と言ったトラブルにも効果を発揮するのです。

 

 

4種のヒアルロン酸で健康な肌状態を保ちます!

最後に紹介するのは4種のヒアルロン酸です。
お肌は約1ヶ月おきに生まれ変わるため、それまでにはお肌を健康に保つ必要があります。しかし乾燥肌や傷ついた肌では生まれ変わることは厳しいでしょう。そこで役立つのが4種のヒアルロン酸です。

 

お肌の潤いをキープし水分の蒸発を防ぐ「バリア型」、例え洗い流しても潤いを保つ「高吸着型」そして潤いを持続する「保水型」、お肌の深部まで浸透させる「浸透型」のヒアルロン酸になります。

 

この4種が皆さんの肌を常に健康な状態で保つようにしてくれます。

 

サイクルプラスの効果特徴まとめ

最初は2剤式に戸惑うと思いますが、使っていくうちに「他の化粧品と違う!」と言う効果を実感できると思います。
現在の化粧品で満足できていない人がいましたら使用してみましょう。

 

>>サイクルプラス1ヶ月お試し|半額以下はこちら<<

 

顔のシミに戻る<<