肝斑を治す方法|女性ホルモンが影響

肝臓治る

シミは紫外線が影響でできるというイメージがありますが、『肝斑』というシミは女性ホルモンの乱れが影響してできてしまいます。
30代や40代の女性に多く見られます。また左右対称にできることが多く薄い茶色もしくは灰色のような色をしています。

 

点々や丸くできるシミは『肝斑』ではありません。女性ホルモンが影響しているので妊娠中やピルを服用している人などにも見られます。

肝斑を消す方法とは

肝斑は、基本的にレーザー治療が不向きです。生活習慣や女性ホルモンの乱れによるシミなので『内服薬』が最も有効です。

内側からシミを改善予防する

肝斑の原因は、体の内側にあるので内側からケアすることが大切です。「ビタミンC」や「L-システイン」などを配合している内服薬を数ヶ月服用することで肝斑が薄くなることが期待できます。

生薬・漢方で肌代謝を上げる

シミがなかなか改善しない理由には、血流が悪い、肌代謝が遅れていることが挙げられます。生薬や漢方で血流や肌代謝を促進してメラニン色素を追い出すことで肝斑を薄くすることが期待できます。また、肌代謝が上がると肌の細胞がどんどん新しくならので若々しい肌を保つことが出来るようになります。

紫外線対策も重要・予防方法とは

肝臓治る

肝斑を濃くしない、作らないためには規則正しい睡眠や食事を心がけることが大切です。
女性ホルモンのバランスに気を配るようにしましょう。

 

また、肝斑は紫外線により悪化してしまいます。外出時の紫外線対策は必須です。
ストレスによって肝斑が濃くなることもありますので、ストレスを溜めないためのリフレッシュも大切です。

 

 

⇒有効成分と生薬配合|シミ・シワに効く国内唯一の医薬品<<

 

 

トップページに戻る⇒顔のシミをとる方法