肝斑は治る?※予防とケア方法

肝斑治る

30代を過ぎたあたりから突然でてくることが多いのが『肝斑』です。その原因は、一般的なシミ老人性色素斑と違い紫外線ではありません。

 

肝斑のシミは、女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。ホルモンバランスの乱れが影響しているので、妊娠中やピルを服用している人、また更年期の人にもよくみられる顔のシミです。

 

ここでは、『肝斑を予防する』『肝斑を濃くしない』『肝斑のケア方法』についてご紹介していきます。

 

肝斑の予防・濃くしないについて

肝斑治る

肝斑の原因である女性ホルモンのバランスに気を配ることが大切です。
規則正しい生活、睡眠、食事、運動を心がけることです。

 

また、肝斑は紫外線で悪化することがあるので外出時の紫外線対策は徹底するようにしましょう。
⇒徹底した紫外線対策についてはこちらを参考にしてください。

 

肝斑は、ストレスによってホルモンのバランスが乱れ、濃くなるとも言われています。上手にストレスを解消することも大切です。

 

肝斑治る?|ケア方法について

肝斑治る

肝斑は、紫外線が影響ではないですが、メラニン色素であることは間違いありません。なので、美白化粧品でのケアが有効です。

 

ただ、肝斑は女性ホルモンの乱れによるものなので内服薬が高い効果が期待できます。ホルモンバランスを整え、肌の代謝を促進してあげることで数ヶ月程度で薄くなっていきます。

 

肝斑には、トラネキサム酸が有効とされていますが、この作用は止血剤なので血栓ができやすい人は服用することができません。市販でもトラネキサム酸配合のお薬が販売されていますが、副作用が強いことが多いです。

 

心配な方は、美容皮膚科医などのしっかり相談することをおすすめします。

 

肝斑に効く安心の医薬品があるのでご紹介します。

 

シミ・シワに効く国内唯一の医薬品

ロスミンローヤル肝斑治る

美白有効成分と生薬成分を配合したシミシワに効く国内唯一の医薬品が『ロスミンローヤル』です。

 

有効成分でシミに作用し、生薬成分ホルモンバランスを整え新陳代謝を促進します。この生薬が肝斑にとても高い効果が期待できるのです。

 

>>ロスミンローヤルの詳細はこちらで確認できます<<

 

肝斑を治す正しい方法について

 

⇒肝斑を治す|原因から正しいケア方法

 

肝斑についての関連記事

 

トップページに戻る⇒顔のシミ