顔のしわを消すには、パーツごとに正しくケアすることが大切!

顔のしわ

目元の小じわ(ちりめんジワ)

額のしわ

ほうれい線

初期のちりめんジワの場合は、主に乾燥が原因。保湿ケアの徹底が効果的。真皮まで進行してしまうと保湿ケアだけでは解消できない。

ビタミンC誘導体やレチノールが有効ですが、深く刻まれたしわはコラーゲンやエラスチンの強化ケアを行うことが効果的。

ほうれい線は、しわというよりも頬のたるみが原因。コラーゲンとエラスチンが効果的ですが、口周りの筋肉を鍛えることも重要。

顔のしわは乾燥ではなく、コラーゲン不足

顔のしわ

しわは乾燥ができると思っている人もいいですが、実は違います。
ごく初期のちりめんジワは、乾燥でできるものでしっかり保湿すれば消えます。子供でもちりめんジワができてしまうのはこの理由からです。

 

保湿しても消えないしわは、乾燥が原因ではなく、コラーゲンの減少によるものです。
真皮にはコラーゲン線維が張り巡らされていて、それをエラスチンの線維がつなぎあわせて弾力を保っています。

 

このコラーゲンもエラスチンも真皮にある線維芽細胞でつくられますが、加齢ととも減少し、線維も変性して硬くなります。
真皮のコラーゲンが減り、さらに弾力を失うと、皮膚は硬くなりそして薄くなります。その皮膚が表情で折りたたまれることでしわができるようになります。

 

顔のしわとたるみの原因は同じ

顔のしわ

真皮をキープしていた線維が減り、ネットワークが崩れると、皮膚全体が垂れ下がってきます。
目元の皮膚が弾力を失うと、眼球のまわりの細胞を支えることができなくなり、涙袋のたるみができます。頬の厚い細胞を支える皮膚や皮下組織がたるむと、頬の位置が下がり口元にほうれい線ができます。

 

しわもたるみも、肌のコラーゲンとエラスチンを増やすようにケアすることが大切です。

 

トップページに戻る⇒顔のシミ取り