加齢による顔のシミのケア

加齢による顔のシミといっても、顔のシミには種類がありそれぞれ原因も違えば、正しいケア方法も違います。
顔のシミのケアは、濃さや大きさで決まるものではなくそのシミの種類で決まるものです。
ここでは、顔のシミタイプ別に正しいケア方法をご紹介しているので参考にしてください。

加齢による顔のシミのほとんどは「老人性色素班」

顔のシミと呼ばれるもののほとんどが、「老人性色素班」というシミになります。

 

この老人性色素班は、紫外線の影響でメラニンが蓄積し加齢とともに表面に現れたものです。

 

若い時は、なぜシミがでないのに加齢ででるのか?

この答えは、「肌のターンオーバーの遅れ」が原因です。
10代、20代では、肌の代謝が活発なのでメラニンの排出ができていましたが、加齢により肌の代謝が遅れメラニンを排出できなくなってしまったからです。

 

この肌のターンオーバーの遅れが、30代や40代で一気に顔のシミが増える原因なのです。

顔のシミはこれからも増え続ける?

顔のシミを予防改善するために、もっとも大切なことはなんでしょうか?
美白化粧品でのケアを行うことはもちろん大切ですが、それ以上に『紫外線対策』が最も大切です。

 

いくらよい美白化粧品を使っても、紫外線対策を怠っている場合その効果は半減してしまいます。
紫外線対策を徹底しているかしていないかは雲泥の差がでてしまいます。

 

また、肌の老化の原因の7割は紫外線という事実をご存知でしょうか?
それだけ、紫外線対策は重要なのです。

 

 

⇒紫外線対策についてはこちらで詳しく解説しています!

 

紫外線対策と攻めと守りの美白で顔のシミを改善する

紫外線対策は、重要ということが理解できたところでどういった美白化粧品を使うべきなのか?解説していきます。

 

それは、「攻め」と「守り」の美白ケアができる美白化粧品が最も高い効果が期待できます。

「攻め」

今あるシミを消す効果が期待できる「ハイドロキノン」を配合し、肌にしっかり浸透させることができる美白化粧品であること。

「守り」

高濃度ビタミンCを配合し、メラニンの生成を抑制し肌を修復することができる美白化粧品であること。

 

その「攻め」と「守り」の美白化粧品が『ビーグレン』の美白ケアです。
国際特許を持つ、浸透技術で今までの美白化粧品にない高い効果が期待できます。

 

「攻め」と「守り」の美白ケアビーグレンの詳細はこちら

ビーグレンの美白ケアの口コミをまとめているの参考に!

 

⇒ビーグレン美白ケア|悪い口コミと良い口コミまとめ