ニキビ跡を治す方法|本当に正しい種類別ケア

ニキビ跡で1番多い『赤みが残るタイプ』、人によっては10年以上も肌の残ってしまうこともあります。ニキビ跡は正しくケアをしなと治すのはとても難しいものです。

ニキビ跡に効くという化粧水が話題ですが、化粧水ではニキビ跡はほとんど改善しません
化粧水は半分が「水」で美容成分の濃度もとても低く、さらにニキビ跡の原因にしっかりアプローチできないのです。
その答えは、この記事を読み進めることで納得できると思います。

 

ニキビ跡は、その種類によってケア方法が異なります。種類別に正しいケアを行うことがより早く確実にニキビ跡を治すことができます。

 

一言でニキビ跡を言っても大きく4つの分けられる

ニキビ跡の種類によっては、スキンケアでは改善することができないものもある。

ニキビ跡と呼ばれるものタイプはこの4つ

  • 赤みが残るタイプ
  • シミが残るタイプ
  • 陥没が残るタイプ(クレーター)
  • 肥厚性瘢痕(ケロイド)

この中でホームケア(スキンケア)で改善することが難しいのが『クレーター』と『肥厚性瘢痕』です。

 

クレーターニキビ跡は、毛穴の側壁にまでニキビの炎症が広がり変性してしまっているためスキンケアでは改善できないのです。

 

ホームケアでは改善は難しいですが、クレーターニキビ跡はレーザー治療が有効です。クレーターニキビ跡の凸凹は、加齢とともにコラーゲンが減少しさらに凹凸がひどくなります。できるだけ早いうちに治療することをおすすめします。

 

⇒顔のシミ・ニキビ跡のレーザー治療クリニックについて

 

肥厚性瘢痕は、皮膚科などでケロイド剤の外用などの治療をする必要があります。

 

スキンケアが有効なニキビ跡は「赤み」と「シミ」

ニキビ跡の赤みは、炎症が残っているわけではなく、毛細血管が増生して残っている状態で、ニキビ跡のシミは炎症性色素沈着の一種。

この赤みがあるニキビ跡とシミニキビ跡は、どちらも肌が弱り肌のターンオーバーが遅れている状態です。この二つのニキビ跡を改善するには、肌の修復と肌のターンオーバーを促進してあげることが重要になります。

 

赤いニキビ跡、シミニキビ跡に最も効果的なケア
高濃度ビタミンC

ビタミンCは美容効果が高いことで有名ですが、ここでは高濃度で尚且つ肌に浸透しやすいビタミンCであることが大切です。
ビタミンCの効果としては、抗酸化作用、美白作用、コラーゲン生成促進などありますが、ニキビ跡に期待する効果は『肌の修復』と『皮脂バランスを整える』ことです。
ニキビ跡を改善し、新しいニキビやニキビ跡、色素沈着を防ぐことができます。

ピーリング

ピーリングは古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進することができます。ビタミンCのケアにピーリングをプラスすることで即効性のあるケアにすることができます。
また、ピーリングの美容効果はとても高くコラーゲンが増え、毛穴の開きやシミの予防改善になったり、肌全体の若返りになります。ニキビ跡の改善に限らず、継続的にピーリングをすると良いです。

ニキビ跡のケアで最も大切なのは、新しいニキビ、ニキビ跡を作らないケアができるということです。

 

ニキビ跡を治しニキビを予防する高濃度ビタミンCを含むスキンケア

ニキビ跡を改善し、新しいニキビ、ニキビ跡を予防を同時にできるスキンケア商品は『ビーグレン』です。

 

国際特許を持つ浸透技術で、水溶性で扱いづらいビタミンCを肌の奥まで届けることができ、従来のニキビケアにない高い効果が期待できます。

 

 

ビーグレンのニキビケアは、満足度98.7%ととても評価が高くほとんどの方がリピートしているスキンケア商品です。
また、お試しトライアルセットを含む全製品に365日の返金保証が付いているため安心してお試しすることができます。

 

>>ビーグレンの詳しい詳細と1週間お試しはこちら<<

 

ピーリング化粧品の正しい選び方について参考にしてください。

 

⇒ピーリング化粧品の選び方|擦るものはダメ

 

⇒顔のシミに戻る