顔のシミ対策〜ピーリングを取り入れる〜

シミ対策には、抗酸化物質を野菜から摂ることが大切というお話をしてきました。
次の2ステップは『ピーリングで肌代謝UP』です。

前回の記事

⇒シミ対策※抗酸化物質を野菜から摂る※

顔のシミ対策|ピーリングを取り入れる

顔のシミをとる方法

ピーリングの目的は、肌代謝を上げてメラニン色素を排出することです。

 

定期的にピーリングを行うことで肌の代謝が上がり、メラニン色素の沈着を防ぐことが出来ます。
日々どんどん溜まっていく紫外線貯金を、常に肌に溜めることなく排泄しておくことが目的です。

 

ピーリングは、メラニン色素排泄以外にもニキビ跡などの炎症性色素沈着に効果が高く即効性があります。
また肝斑などのシミにもピーリングは効果的です。

 

ピーリングは肌を削っている?

顔のシミをとる方法

ピーリングは『皮をむく』という意味で、美容では肌表面の角質を取ることを意味します。

 

肌を傷つけれるのでは?と考えてしまう方もいますが、肌にとっても若返る、新しい肌細胞にするといいことづくしです。

 

このピーリングを自宅で行うことを『ホームピーリング』といいます。
ホームピーリングはクリニックで行うピーリングよりも効果は低くなますが、継続して行うことでシミ、シワ、ニキビ対策になります。

 

ピーリング化粧品を選ぶ際のポイント

ピーリング化粧品を選ぶ際に気をつける点は、こするものは避けるべきということです。

 

ピーリングは、角質を取るものなので擦るというイメージがありますが、ピーリング成分であるフルーツ酸やAHAなどと呼ばれる酸は肌に乗せているだけで角質を溶かす作用があります。

 

擦る必要はまったくないのです。

 

最近、ゴマージュとよばれる、消しゴムのかすのようにボロボロ皮が取れていくものがありますが、確かに「取れた」という実感はありますね。
けれど擦るタイプは、肌への負担になり、頻繁に擦ることで肌が黒ずんでいきます。

 

ピーリング化粧品としておすすめは、クリームやジェルタイプなどで洗い流すものです。
擦る必要はなく、数分置いて洗い流すピーリング化粧品です。

 

塗るタイプのピーリング化粧品は、毛穴の奥まで浸透するので毛穴の詰まりを解消する作用もあります。

 

⇒塗るピーリング化粧品|最も効果が期待できる商品をPickup<<

 

ホームピーリング化粧品の正しい使い方

顔のシミをとる方法

基本的には、製品の指示に従えばいいのですが、肌が弱い人は短めでスタートしてください。

 

多少ピリピリ感があるかもしれませんが、洗い流した後にピリピリ感が残らなければ問題ありません。

 

ピーリングをした後はしっかり保湿ケアを徹底してください。

 

ピーリング化粧品は、製品にもよりますが、週に1回〜2回程度を目安としましょう。
使い続けるうちに肌が慣れてくるので、頻度を上げたり、待つ時間を長くしたりするといいでしょう。

 

ピーリングの効果

顔のシミをとる方法

ピーリングは肌の代謝を高め、若返り効果があります。数ヶ月続けることで、薄いシミやシワには改善の効果も実感できます。

 

またニキビができにくくなったり、ニキビ跡が薄くなったりと肌全体がどんどんキレイになっていきます。

 

新しい健康な細胞に生まれ変わっているので、肌トラブルが起きにくい肌に整えることが出来ます。

 

 

トップページに戻る⇒顔のシミをとる方法

 

関連ページ

シミ対策※3段階のステップで学ぶ※
シミ対策について3つのステップから詳しくご紹介していきます。
シミ対策※紫外線と抗酸化ケア※
シミ対策の第一段階、紫外線と抗酸化ケアについて解説していきます。
シミ対策※抗酸化物質を野菜から摂る※
シミ対策の抗酸化物質を野菜から摂り、顔のシミや老化を予防しましょう。
シミ対策※美白化粧品でケアする※
シミ対策最後のステップは美白化粧品でのシミ対策・予防です。どんな美白化粧品を選ぶといいのかご紹介しています。