ロスミンローヤルは肝斑に効くのか?

ロスミンローヤル

肝斑の原因は、紫外線ではないということはご存知かと思います。
肝斑の原因は、主に女性ホルモンの乱れによるものです。

 

特徴として、頬骨あたりに左右対称にできることが多いです。
更年期やピルを服用している人に肝斑が現れることが多いのが特徴です。

 

肝斑の予防方法として有効なのが、規則正しい生活、バランスの良い食事などを心がけ女性ホルモンの乱れを整えること。

 

ロスミンローヤルは肝斑にも効果が期待できる?

ロスミンローヤル

肝斑は、女性ホルモンの乱れを整えることが大切なので、『ロスミンローヤル』はとても効果的と言えます。

 

生薬の力で、血流改善や新陳代謝を整えたり、栄養素は体の隅々まっで届けることができるからです。

 

肝斑など、原因が特定できないものには、生薬や漢方などが効果が高いのです。
その理由は、悩みをトータルにケアできるからです。

 

 

また肝斑は、紫外線によるシミではないですが、メラニン色素であるので美白化粧品も効果的です。ピーリングなどと合わせてケアするとより即効性があります。

 

⇒ロスミンローヤルの悪いクチコミと良い口コミはこちら<<

 

トラネキサム酸よりもロスミンローヤル!?

肝斑に有効とされる内服薬として「トラネキサム酸」がよく処方されます。

 

トラネキサム酸は、メラノサイトの活性化を抑えて肝斑を予防改善するお薬ですが、副作用が強いことでも有名です。

 

トラネキサム酸は、止血剤として働きがあるため持病(血栓ができやすい)がある方は服用することができません。

 

肝斑の予防改善で、トラネキサム酸以外で有効とされるのが漢方や生薬です。

 

ロスミンローヤルは、生薬成分を含むため肝斑にも高い効果が期待できるのです。

 

⇒肝斑を治す方法についてはこちら<<

 

トップページに戻る⇒顔のシミをとる方法