顔の色素沈着の治し方〜本当に正しいケア方法〜

色素沈着治し方

ニキビ跡や傷跡が色素沈着して残ってしまうタイプのシミは『炎症性色素沈着』と呼ばれます。

 

一般的なシミは紫外線などの影響でメラニン色素は発生してシミとなりますが、この炎症性色素沈着はメラニン色素ではありません。

 

なので、基本的には美白化粧品で改善するものではありません。勿論、配合成分により効果的な美白化粧品もあります。

 

ここで大切なのは、色素沈着に効果が高い成分とそのケア方法を知ることです。

 

色素沈着の治し方〜炎症性色素沈着に効く成分って?

色素沈着治し方

色素沈着は、炎症したときの赤みなどが肌に残ってしまっている状態です。なので、この色素を追い出してあげればいいということです。

 

ニキビ跡や傷跡、アトピーなどの炎症で色素沈着してしまった肌は、肌のバリア機能が低下し、肌のターンオーバーが遅れている状態です。

 

この肌のターンオーバーを促進して色素沈着してしまった細胞を追い出し新しい細胞に生まれ変わらせることで改善することが出来ます。

 

炎症性色素沈着に効く成分は『ビタミンC』

ビタミンCには、肌を修復する働きやコラーゲンの生成を促進して肌代謝を高める働きがあります。炎症性色素沈着に最も高い効果が期待できる成分が『ビタミンC』です。

 

ビタミンCには、その他に美白効果、メラニン還元、活性酸素除去、毛穴の引き締めなど美容効果がとても高い成分です。

 

炎症性色素沈着には、ピーリングが最も速効性がある

日々の基本ケアはビタミンCを配合している化粧品などを使い、週に1回〜2回ピーリングを行うとより早く改善することが出来ます。ピーリング古い角質などを落としてくれるので、肌のターンオーバーが促進され新しい細胞の生まれ変わりを早める働きがあります。

 

ピーリング化粧品は、擦るものではなく、塗って洗い流すものが肌への刺激もなくおすすめです。

 

ピーリング化粧品の効果と正しい選び方

 

⇒ピーリング化粧品の効果と選び方について

 

ビタミンCは高濃度配合の『ビーグレン』

 

⇒国際特許の浸透技術ビーグレンの高濃度美容液

 

色素沈着は紫外線が天敵!!

色素沈着治し方

色素沈着している箇所が紫外線を浴びると、シミが茶色くそしてより濃くなってしまいます。

 

これは、紫外線による活性酸素の発生でメラニンが生成されてしまうからです。

 

濃くなればそのシミを消すための時間も費用もたくさんかかるようになってしまいます。

 

日々の紫外線対策は徹底するようにしましょう。

 

関連記事

 

トップページに戻る⇒顔のシミ取り