顔のシミ対策〜美白化粧品を取り入れる〜

シミ対策にピーリングが効果的というお話をしました。
最後のシミ対策ステップは『美白化粧品でのケア』です。

前回の記事

⇒シミ対策※肌代謝UPピーリング※

顔のシミ対策|美白化粧品でケア

顔のシミに効く美白化粧品

美白化粧品は、シミができたから使うのではなく、シミ予防に使うのが基本です。
一年を通して美白化粧品は使うことで効果を発揮するものなのです。

 

美白化粧品は、メラノサイトがメラニン色素を作る過程のどこかで邪魔をしてシミを予防するものです。
基本的には、シミを消すというよりも予防の意味合いのほうが大きいのです。

 

では、シミを消す・薄くすることはできないのか?

 

というとそうではなく、美白化粧品には、『漂白型』『予防型』の2種類の美白化粧品があります。

 

結論から言うと、この2つの効果が同時に期待できる美白化粧品がもっとも効果が高いと言えます。

 

今あるシミを薄くして、新しいシミを予防する美白化粧品

予防型

顔のシミに効く美白化粧品

美白化粧品に含まれているほとんどの美白化粧品が予防型の美白成分です。厚生労働省が医薬部外品として認めているほとんどがそうです。「ビタミンC」「コウジ酸」「トラネキサム酸」「ロドデノール』などが有名ですね。主に、メラニンの生成を抑制する働きがある美白成分です。ビタミンCなどは、美白効果以外にも様々な美容効果が期待できますが、美白の分野ではメラニン生成を抑制する働きを指します。新しくできるシミを予防したり、初期のシミであれば薄くする効果も期待できます。

漂白型

顔のシミに効く美白化粧品

今あるシミを薄くする効果がある成分が『漂白型』の美白成分です。聞いたことがある方も多い『ハイドロキノン』がその成分です。美容皮膚科や限られた化粧品に配合しているシミ消し効果が最も高い成分です。海外では当たり前のように使用されているハイドロキノンも日本では、規制緩和により2001年から化粧品に配合できるようになりました。化粧品メーカー側も独自に安全性のデータを出してからではないと配合できない成分でもあります。シミ消し効果は高いですが、刺激がある成分とされています。化粧品選びが大切と言えます。

 

『予防型』『漂白型』両方の働きがあり、安全な美白化粧品

顔のシミに効く美白化粧品

安全面・効果面でももっともおすすめできる美白化粧品は『ビーグレン』です。
国際特許の浸透技術で肌が必要としている箇所に美白成分をしっかり浸透させることができます。

 

ビーグレンは勿論、ハイドロキノンを配合しています。
濃度は1.9%とと高いとは言えませんが、浸透技術のおかげでその3倍の効果を発揮することができます。
5.7%濃度と同じ効果を得ることができるということで、皮膚科並みのケアが自宅でできるということです。

 

刺激性があるから不安という方もいると思いますが、1週間お試しができるのでまずは肌に合うのか使ってみることをおすすめします。
365日の返金保障が全製品に付いているので、安心してお試しができるのも魅力の一つです。

 

>>ビーグレン美白ケアの詳細はこちらで確認できます<<

 

顔のシミ対策まとめ

顔のシミに効く美白化粧品

顔のシミ対策を3つのステップに分けてお話して来ましたが、一番大切なのはシミを作らないことです。
『紫外線対策』がもっとも大切です。

 

紫外線は老化に直接繋がっているので、徹底して行うようにしましょう。

 

ピーリングは、肌の若返りには欠かせないスキンケアです。
週に1回〜2回取り入れることをおすすめします。

 

最後に、美白化粧品は『予防』と『漂白』の2つの美白成分があります。
この2つの効果を持つ美白化粧品がもっとも効果が期待できますよ。

 

顔のシミ対策に、できることから取り入れてみてください。

 

トップページに戻る⇒顔のシミをとる

 

関連ページ

シミ対策※3段階のステップで学ぶ※
シミ対策について3つのステップから詳しくご紹介していきます。
シミ対策※紫外線と抗酸化ケア※
シミ対策の第一段階、紫外線と抗酸化ケアについて解説していきます。
シミ対策※抗酸化物質を野菜から摂る※
シミ対策の抗酸化物質を野菜から摂り、顔のシミや老化を予防しましょう。
シミ対策※肌の代謝UPピーリング※
シミ対策ステップ2つ目はピーリングで肌の代謝をアップさせます。その目的と効果とは?