顔のシミの種類|それぞれのケア方法

顔のシミは、その種類に合わせたケアと治療が大切

シミが気になり始めたら、あたなたはどんなケアを行いますか?
おそらく、まず美白化粧品を選びケアを行うでしょう。

 

シミというのは、紫外線を浴びメラニンが増えできてしまうものなので美白成分でケアすれば薄くなると考えるのは当然のことです。

 

ですが、実際にはそう単純なものではないのです。

 

顔のシミには、原因やでき方によって種類があり、それぞれケア方法が異なるのです。

 

一般的に美白化粧品でシミが薄くなるというのは、ごく薄い初期の段階でしっかり輪郭のはっきりしたシミを改善するのは困難なのです。
では、美白化粧品では消えないシミは改善できないのか?というとそうではなく、種類別に正しいケアがあるということです。

 

顔のシミの種類別、正しいケア方法

ここでは、一般的に顔のシミで多い「老人性色素斑」「肝斑」について解説していきます。

老人性色素斑とは、一般的に「シミ」呼ばれるもので多くの女性が気になるシミはこの老人性色素斑です。

特徴

老人性色素斑は、日光性黒子とも呼ばれ日焼けの積み重ねによってできるシミです。
30代や40代である日突然できたように感じることが多いですが、実際には肌の内側で元々あったメラニン色素が蓄積し肌表面に浮き上がって現れたものです。
出来始めは、薄く輪郭もはっきりしていませんが、次第に濃くはっきりしてくるのが特徴です。

予防方法

予防は、日々の紫外線対策の徹底につきます。紫外線対策は、ほとんどの女性が「しているつもり」になっていることが多いです。
シミをつくらない紫外線対策についてはこちらを参考にしてください。

ケア方法

初期の段階であれば、美白化粧品が有効です。ただし、定着してしまったシミは皮膚の構造自体に変化が及んでいるので美白化粧品で改善することは難しいのが現状です。
シミの輪郭がはっきりしているものは、レーザー治療が有効です。
レーザー治療については、こちらを参考にしてください。

 

⇒一般的なシミを消す効果が高い美白化粧品について

肝斑とは、女性ホルモンの乱れが原因ででき、頬骨を中心に左右対称にできるシミです。

特徴

シミは紫外線が原因でできるというイメージがありますが、肝斑というシミは女性ホルモンの乱れが大きく影響しているシミです。
ホルモンバランスが崩れる30代や40代の女性に多くみられるシミで、妊娠中やピル服用中の人、更年期の人にも見られます。

予防方法

ホルモンバランスの乱れが原因なので、規則正しい生活や食生活を心がけることが重要です。また、肝斑は紫外線を浴びると悪化することがあるので紫外線対策は欠かさないようにしましょう。

ケア方法

美白化粧品でのケアやピーリングが有効です。肝斑は、特に内服薬が有効で「トラネキサム酸」や「生薬」、「漢方」が効果的です。
ただ、トラネキサム酸は止血剤なので服用できない人もいます。生薬成分を含む医薬品がおすすめです。
また、肝斑はレーザー治療が不向きで悪化することがあります。

 

⇒肝斑に効く医薬品についてはこちら

 

顔のシミの種類に関係なく、紫外線対策は1年中徹底する

季節に関係なくメラニン対策をする

美白化粧品は、春や夏に行うスキンケアと思っていませんか?
シミは夏にできて、冬に消えるものではありません。

 

今あるシミは、今まで浴びてきた紫外線の蓄積がシミとなって現れているのです。

 

美白ケア、美白成分は季節や天気に関係なく1年中肌に与えることで本当の効果を発揮することができます。

 

予防に勝る美白ケアというものはありません。特に、紫外線対策というのはシミ予防で最も重要なので徹底するようにしましょう。

 

>>顔のシミの種類別|正しいケア方法について<<