顔のシミ予防|知らないと美肌にはなれない

顔のシミの予防として、「美白化粧品」を使っている人っも多いはず。けれど、ただ美白化粧品を使った予防をしても『本当の敵』をしらないままケアを続けてもその効果は半減してしまいます。

 

ここでは、知って得することではなく、しらないと損してしまう落とし穴について詳しく解説していますので参考にしてください。

顔のシミ予防は紫外線対策で始まり、紫外線対策で終わる

「紫外線を浴びると、メラニンが増えシミの原因になる」ということはみなさんご存知かと思います。

 

そして、『紫外線対策なら、わたししてるわ!』という方がほとんどでしょうか。

 

ただ、ここで言う【紫外線対策】は別物と解釈して欲しいと思っています。

 

というのは実は、残念ですがほとんどの人が『しているつもり』になっているだけなのです。

 

朝に一度、日焼け止めを塗っただけ、というのは紫外線対策をしたということにはならないのです。また、「少し、外に出るだけだから」という日々の積み重ねが現在の「シミ」の原因なのです。

本当の紫外線対策とは!?日常とリゾート別に紹介しているので参考にしてください。

 

⇒顔のシミ予防|紫外線対策

顔のシミ予防だけではない、老化予防に

肌の老化の原因の半分以上の割合を占めるのが『紫外線』です。
これを「光老化」と呼びます。

 

逆に言うと、紫外線対策を徹底することで肌の老化の原因を半分カットすることができるということです。

 

紫外線が肌の老化をもたらす肌トラブル

シミ

メラノサイトの数が増え、さらに表皮が厚くなる

シワ

真皮にまで到達した紫外線がコラーゲンの変性、劣化させる

顔のシミ予防はメラニン対策だけではダメ!

美白化粧品は、メラニン色素の産生を抑える作用があり、シミの予防に確かに効果があります。

 

しかし、紫外線よってメラニンが増えることだけがシミの原因ではありません
紫外線によって、肌細胞のDNAが傷つきそのダメージが蓄積し肌の構造そのものが変性してしまうことがシミの原因になります。

 

日焼けしてメラニンが増えた後で、美白化粧品で減らせばいいと思っている人が多いですが、そういうものではありません。

 

日々の隙のない紫外線対策が顔のシミの予防で最も大切なことなのです。

 

ちりも積もれば山!?

毎日2時間程度外出する主婦が、晴天の1週間に浴びる生活紫外線は、真夏に海水浴で1時間に浴びる紫外線量と同じというデータもあります。

 

1ヶ月だと、真夏の海水浴を4時間楽しんだ後と同じ紫外線量を浴びていることになります。

 

経験がある方ならわかると思いますが、肌全体が真っ赤になるほどの状態ですね。

 

わずかな「外出」でも紫外線対策の徹底は忘れないようにしましょう。

 

シミ対策について、紫外線、食事、代謝、美白化粧品別に解説しているので参考にしてください。

 

⇒シミ対策|3段階のステップ

 

よく読まれている記事